清泉監査法人は公益社団・財団法人、一般社団・財団法人、社会福祉法人等の非営利法人の会計業務に特化した監査法人です。

清泉監査法人へのお問い合わせ Tel.03-3545-6555

文字サイズ

社会福祉法人への業務

社会福祉法人改革を共に歩むために

平成27年度より全ての社会福祉法人が新会計基準に移行しました。
そして平成29年4月以降、一定規模以上の社会福祉法人は、会計監査の導入が義務化されました。

高齢化社会に伴う福祉の顕在ニーズは今後も多様化・複雑化することが容易に予想されます。
国民から信頼される民間法人としての役割を担う社会福祉法人は、これまで以上に、公益性・非営利性の徹底が焦点となり、国民に対する説明責任と地域社会への貢献も求められます。

私たち清泉監査法人は、これまで公益法人・一般法人の分野で培ってきた高度な専門性を活かし、社会福祉法人の新制度、会計基準、そして会計監査に対応して行きます。


経営組織のガバナンス強化

平成29年に予定されている法定監査の目的の一つである社会福祉法人の「経営組織のガバナンスの強化」。
これは会計監査人が義務づけられる一定規模の社会福祉法人だけの問題ではありません。
法人運営の透明性の確保、財務規律の強化などは全ての社会福祉法人に求められているものとも言えます。
法改正に先行して、会計の整備のために、専門家による会計指導を検討してみてはいかがでしょうか?